チェロの始め方!(必要なもの一覧!)

こんにちは、くろです!

今回は、チェロをはじめる際に必要なものを紹介します!
※最低限必要なものだけ紹介しています!

まずは、必要なもの一覧が下記になります!

目次

チェロ(本体)と弓

まずは、チェロ本体と弓です!

意外と知られていませんが、チェロ本体は5万~で売られており、
探せばさらに安いものもあります!

購入方法はいくつかありますので、それぞれ紹介していきます!


まず1つ目は、楽器店に見に行く事です!

楽器の音色や、弾き心地、色味は実際に見に行ってみないと分かりません

あとは、楽器が調整されているかも、実際に触ってみないと分からないんです!
(弦高や、各弦の鳴りやすさ等々…)


ちなみに、楽器店ではいくらでも試奏できますので、すぐに決める必要もありません

個人的に一番オススメする方法です!
そして、もし可能ならチェロが弾ける人と一緒に決めた方が確実です!

弾いている時の音と、聞いている時の音は違うので、誰かに弾いてもらって決めた方が実は一番いいんです!
※録音した自分の声が、違う声に聞こえるのと似ています!



2つ目ですが、ネット上の楽器を買ってみる事です!

こちらは注意点がいくつかあります!

まず、購入したチェロが調整されていない可能性があります!

調整されていないと、変な音(ギーとか、シャリシャリとか)が鳴ったり、
弦高がやたら高くて、左手で押さえるのが辛い時があります!(ウルフが酷い場合も…)

物によっては、見えない所に割れたあとがあったり…。
(友達がそういう楽器に当たっちゃってました)

そう言った、実物を見れないからこそのリスクがあります!

楽器は返品不可の場合がありますので、ネットでの購入は本当に注意が必要です!

松脂

続いて、チェロを弾くのに欠かせない「松脂」です!

実はチェロって、松脂を付けないと摩擦がないので、音が出ないんです!

更に、松脂によっては引っかかりにくかったり、すぐに取れてしまうものがあるので、
松脂を変えるだけで綺麗な音が鳴るようになります!
※僕も、松脂を変えて音が綺麗になった1人です!

では、オススメの松脂2選を紹介します!


①ベルナルデル

弦楽器を弾いている人であれば、知らない人はいないというほど有名な松脂です!
日本の気候に合っており、クリアな音色を出しやすい事が特徴です!
弾き心地もさらっとしており、夏場でもベタつくことのない、松脂の王道です!

>>この商品をAmazonで見てみる




②ギョーム

最近人気が出ている松脂です!
しっとりとしてクリアで綺麗な音が出しやすい事が特徴です!
こちらもベタつくことはありませんが、ベルナルデルに比べ柔らかいため、松脂がしっかりつきやすい事も特徴です!

>>この商品をAmazonで見てみる




松脂は、早々買い直すことのない物になります!
(僕は、1個買ったら5年以上もちます)


なので、上記2つの内どちらかを買う事をオススメします!

チェロケース

次に、チェロケースです!

チェロケースには、ソフトケースハードケースがありますので、
それぞれの特徴を紹介します!

①ソフトケース

ソフトケースの利点は、安価で軽い事です!
ハードケースになってしまうと、ある程度重さがありますので、ハードケースに比べると軽いです!
物によっては楽譜をしまえる物もありますので、収納的に便利なものもあります!
ただ、楽器に傷がつきやすく、雨期に弱い面もあります!
防水性であっても、水漏れによって楽器が濡れてしまって、木が剝がれてしまうこともあります!

>>この商品をAmazonで見てみる


②ハードケース

ハードケースの利点ですが、丈夫なので楽器が傷つきにくく、雨天に強いです!
ハードケースには緩衝機能が付いているので、ソフトケースと比べてとても傷付きにくいです!
ただ、ソフトケースと比べて重く、高価なものが多いです!
最近のハードケースはそこまで重くありませんが、昔のハードケース(中古)を購入すると、たまに凄まじく重たいケースがあったりします!
高価なチェロの購入を検討している場合は、10万円くらいのハードケースも検討した方がいいかもしれません!(上の絵のケースもオススメです!)

>>この商品をAmazonで見てみる

譜面台

続いて譜面台ですが、譜面台の選び方は「譜面の留め具」で決めます!

留め具は何種類かあるんですが、今回はオーソドックスなものを紹介します!

①譜面台

オーソドックスな譜面台です!
楽譜ストッパーがしっかり止められるタイプですので、風が強い所で演奏する際に便利です!
(たまに空調とかで楽譜が飛ぶことがありますが、それを防げます!)
ただ、沢山譜めくりをする曲にはあまり向かないストッパーです!
ストッパーを使わない場合はストッパーを外側に動かせばいいだけなので、そこまで問題はありません!

>>この商品をAmazonで見てみる



②譜面台

上の譜面台とは違い、大きな楽譜でも置くことができるようになっています!
そして、使わない時にはしまう事もできます!
あと、ストッパーがしっかり止めるタイプではないです!
なので、空調などで飛んでしまうリスクはあります!

>>この商品をAmazonで見てみる

エンドピンストッパー

続いてエンドピンストッパーですが、主に2種類あります!

床に置くタイプと、エンドピンに直接付けるタイプがあるため、
それぞれ紹介していきます!

①エンドピンストッパー(床に置くタイプ)

一番有名なエンドピンストッパーです!
チェロをやっている方だったら、絶対知っている一品です!
止まりにくくなったら、水で裏面を洗ってあげると、しっかり止まってくれるようになるため、長く使えます!
(昔の物にくらべて、最近のはちゃんと止まってくれます!)

>>この商品をAmazonで見てみる



②エンドピンストッパー(直接付けるタイプ)

続いて、チェロに直接付けるタイプです!
左の絵のようなタイプであれば、きちんとエンドピンが滑らず止まってくれます!
こちらも水で洗えば長く使えます!
ちなみに先が丸いタイプもありますが、滑ってしまう可能性が高いのでオススメしません!
(付け外しがいらないので、すごく楽です)

>>この商品をAmazonで見てみる


チューナー

最後にチューナーです!

音を合わせるために使いますが、チェロをやるなら必須のアイテムです!
※音を簡単に合わせられるので、弦楽器をやっている人は皆持っています!

チューナーは、手で持つタイプと、チェロに直接付けるタイプがあるので、
2つを紹介していきます!

①チューナー(手で持つタイプ)

一番有名で、オーソドックスなチューナーです!
メトロノーム機能も付いているので、練習の時にかなり重宝します!
一番よく見かけるチューナーのタイプです!
※僕は、チェロを始めてからずっとこれを使っています。

>>この商品をAmazonで見てみる



②チューナー(直接付けるタイプ)

最近見かけるようになったチューナーです!
直接付けるので、色んな音が鳴っていても調弦できるメリットがあります!
手に持つタイプは、取り付けるのに別途購入が必要なため、オケなど大人数がいる場所で調弦するときに便利です!

>>この商品をAmazonで見てみる


・最後に

いかがでしょうか!

上記をそろえれば、すぐにでもチェロが始められますので、
ぜひ参考にしてみて下さい!

次回もお楽しみに!(/・ω・)/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる